2005年05月12日

障害年金の役所の壁

障害年金は障害者にとって収入の柱の1つだと思います。

しかし残念ながら、受給に至るまで一筋縄ではいかないこともあります。

お気楽障害者」の読者さんから相談を受けたときの、私の返信メールを以下に載せます。
−−−(ここから)−−−
○○様

吉田です。
メルマガをお読みいただき、
またメールをいただきありがとうございます。

障害年金の申請についてですが、
私は「藤原年金研究所」に全面的にお願いしました。

役所の年金課は概してあてになりません。
担当者の勉強不足がその理由です。
私も初めて行ったとき「あなたはもらえないよ」と言われました。

そういう相手に素人が対抗しても難しいと、私は考えました。
ネットで検索して、藤原さんを見つけました。

藤原さんは障害年金申請のプロです。
まずメールでコンタクトをとり、
あとは藤原さんのおっしゃる通りに動きました。
私が役所に行ったのは、最初の1回だけだったと思います。
(もしかしたら最後に1回行ったかも。)

ちなみに藤原さんと面識はありません。
メールと郵便だけでやりとりしました。

報酬は、はっきり覚えていないのですが、
先々のことを思うと、決して高くはなかったと私は思います。

私は1級と2級の境目でした。
1級になったのは藤原さんのおかげだと思います。
おかしな言い方ですが(笑)。

一度、メールでご相談されればいかがですか。

なお、藤原さんと私の間に利害関係はありませんので。
アフィリエイトもありませんよ(笑)。

この情報も私のサイトに近々載せるつもりです。
(○○さんのことは書きませんよ、もちろん)

元はといえば行政が悪いのですが、
それを言っても始まりません。
賢く対応してそういう煩わしさから早く縁を切ろう、というのが私のスタンスです。

以上、○○さんの何かの参考になれば嬉しいです。

よろしけばまたメール下さい。
お力になれるかどうかはわかりませんけど;;;

では、お体に気をつけて。お互いに。
今後ともよろしくお願いします。

−−−(ここまで)−−−(一部編集しています)


私の思うことは、上記のメールに含まれています。(勿論、個人的意見ですが)

何かのご参考になれば幸いです。

藤原年金研究所
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/okiraku_shu/21784843
この記事へのトラックバック
ぼーっと毎日を過ごしている私。 今はミクシィと漬物と俳句で頭がいっぱい。 こんな私ですが、 少しでも、お役に立てたらと思ってシュウちゃんのブログにトラバしました。 今頃ですが、少しでも多くの方に知っていただけたらと思います。
障害年金【 】at 2005年05月23日 23:38
この記事へのコメント
私は難病ALSの障害2級の64歳です。貴方の生き方を参考にして頑張って生きたいと思っています。これからも楽しんで頑張ってください。
Posted by kuni-chan at 2005年06月17日 16:42
kuni-chanさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
お互いに前に進んでいきましょう!
Posted by 吉田シュウ at 2005年06月18日 02:36
シュウ様、当ブログへのコメントありがとうございました。

私は2級に認定されているのですが、担当者の方が本当に親身になって対応してくれました。最初は五分五分と言われましたが、言われるままに申請したら無事通りました。

しかし、私の周りでも市町村によって対応が違い、門前払いさせられた人も結構います。私の感想としては、担当者によって対応がぜんぜん違うと思います。

それにしても障害年金だけでは生きていけないですよね。私も「目指せ、所得制限!」です。(笑)

それでは、これからもよろしくお願いします。
Posted by おやぢ at 2006年09月10日 10:59
おやぢさん、コメントありがとうございます。

私も初め担当者から「アンタは無理や」と言われました。
結果は、認定されています。

ま、お役所ってこんなもんです。
一人一人は悪意はなくてもね。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by シュウ at 2006年09月11日 11:03
 
Copyright © Shu Yoshida All Rights Reserved.